不満なく暮らす新築を建てるための土地選び

私は自宅でパソコンを使って作業をするための部屋のある注文住宅を造りたかったです。自分の生活スタイルに合わせるためにはどんな部屋が必要かを考えて注文住宅を建てるといいです。また、土地を選ぶ時には家族全員で見学することをおすすめします。通勤のために電車やバスをよく利用することが多いならば駅が近くにある土地に注文住宅を建てた方が便利です。せっかく外装にこだわった注文住宅を造ったのに周辺環境が悪いせいで後悔することがないように時間をかけて慎重に土地を選択することが肝心です。私は複数の時間帯に土地の見学に行きました。なぜならば、朝と昼と夕方で周辺環境が変わってくるからです。例えば、朝は日当たりが良かったのに昼は日当たりが悪くなることがありえます。また、平日は静かなのに休日にうるさくなるケースがあるので何度も土地の見学に行ってから土地を選ぶことが基本です。私は最も騒音が少ない土地に注文住宅を建てたので不満なく生活できています。

一戸建て住宅の方が人間関係が近くない!?

岡崎市内に注文住宅で一戸建て住宅を建てる決心をしたのは、迷惑なマンション住人にあたってしまったからなんです。それまでは、「マイホームにこだわりがないし、マンション賃貸物件でいいい」とずっと思っていました。それに「新築」が好きですから、ある程度自分の好きなタイミングで引っ越すことができるマンション暮らしがとても気に入っていたのです。

しかし先にも言いましたように、迷惑なマンション住人にあたってしまったのですよね。いや、ある意味では親切な人なのでしょうけれど、しかし私は近すぎる距離感でのおつきあいが苦手なんです。そして、そのような親密なご近所付き合いは、それまではずっと一戸建て住宅の住人特有のものだと思っていました。けれども実際は違うのですよね。実際は、マンションだからドライでクールなおつきあいというわけではなく、「人による」というものだそうで。

子供会がないような子供の少ない地域に、一戸建て住宅を建てる場合、かえってマンションほどには密接な関わりがないという話も聞きました。それに、上下の騒音の問題も、一戸建て住まいは無縁だという点にも惹かれましたね。要するに、常に誰かの気配を感じる集合住宅暮らしに辟易してきてしまったと言えるでしょうか。ですから結局、私はついには一戸建て住宅を建てる決心をしたのです。